Mar 22, 2021

ラム肉のシチュー(パンにあう、頑張らないレシピ)

いよいよ年末が近づいてきました。家族や友人を呼んでホームパーティーをする方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は人が集まる季節にぴったりな「ラム肉」を使ったシチューレシピを紹介します!

切って煮込むだけ!

旨うま「ラム肉のシチュー」

ラム肉のシチュー
頑張らないポイント

余計な味付けは不要!ラム肉と野菜から出る旨みで、驚くほどおいしいシチューが出来上がります!

頑張らないレベル:★★☆(まあまあ簡単!)

材料(2~3人分)

ラムラック 6本
にんにく 1かけ
たまねぎ 1個
じゃがいも 3個
にんじん 1本
塩こしょう 適量
刻みパセリ 適宜

作り方

1、    ラムは常温において脂がやわらかく溶けるまでおく。にんにくはつぶし、たまねぎは八等分のくし切り、じゃがいもとにんじんは一口大に切る。
2、    厚手の鍋に塩胡椒をしたラムを並べ、弱火にかける。鍋が温まってきたら、中火にし、両面をこんがりと焼く。途中で脂が溶け出してきたら、ペーパーに吸わせてとる。
3、    1で準備した野菜を入れ、2カップの水を合わせる。
4、    沸騰してきたら、弱めの中火にし、ふたをして20分ほど煮る。ラムがやわらかく煮えたら、味をみて塩でととのえる。
5、    器に盛り付け、パセリをあしらい、好みのパンを添える。
    

※冷蔵庫で2日ほど保存可能。

このレシピにあうパン

素朴な、田舎風の、という意味のフランスパン。
料理に合わせるパンの逸品。

「リュスティック」

香ばしいローストクルミをふんだんに入れた。
小麦全粒粉のクルミパン。

コンプレ・ノア

飛田さんからのコメント

肉を常温において焼くこと。焼くときに出た脂をとること、この二点がポイントです。ラムと野菜から出るだしでじゅうぶんにおいしいスープになります。

スタッフの感想

食材を切って煮込んでいただけだったのに、いつのまにこんなにおいしくしたんですか!?と思わず飛田さんを2度見しました。それくらい簡単でおいしい逸品です!
→パンにあう、頑張らないレシピ一覧へ

飛田和緒さんプロフィール

飛田和緒(ひだ・かずを)

雑誌やメディアで活躍する料理家。
「常備菜」は料理レシピ本大賞(2014年)を受賞。昨今の作りおきブームの火付け役に。日常のごはんとして作りやすくシンプルな家庭料理に定評があり、「主菜」「野菜を食べるスープ」などの人気著書が数多くある。
夫と娘の3人で海辺の洋館で暮らし、その土地の風土や素材と向き合いながら数多くの料理を編み出している。

Posted in レシピ, 読み物Comments Closed 

関連記事