Mar 23, 2021

「本当にパンが好き。」Pan&のパンを作るパン職人の想い #3「美味しいパンができた」と確信

#3タイトル写真

株式会社スタイルブレッドで15年パン職人として働く「小嶋秀一」は、Pan&商品の中で不動の人気を誇る「ハニーソイはちみつ豆乳パン」を開発した人。Pan&バラエティの人気商品 「オーガニックチョコと完熟バナナのルパン」 をつくった張本人でもあります。今回は、そんな人気商品を生み出し続ける、パン職人「小嶋秀一」のお話を3部構成でお届けしています! 

#3 「美味しいパンができた」と確信

オンラインストア限定販売の「Pan&バラエティ」もスタイルベーカリーで毎日製造。—

ベーカリーで作られるチョコバナナ

今年の1月からスタートした『Pan&バラエティ』シリーズ。これまでに、様々なパンを考案し販売してきたが、中でも群を抜く人気ぶりなのが、「オーガニックチョコと完熟バナナのルパン」。生地の時点の味と、焼いた後の味は別物。焼くまではどんなパン、どんな味になるかわからないのが常だが、「チョコバナナのパン」に関しては違った。生地の仕込み段階での「生地なめ」という味見の工程で「これは美味しいパンができた」と小嶋は確信した。

自信ありげな小嶋さん

—ありそうでなかったチョコバナナ味のパン。こう見えて、大の甘党な小嶋。そんな甘いものには目が無いパン職人だからこそ、生み出すことができたのかもしれません!

◆食材は贅沢に。でもバランスよく

生地がうまくできれば、次は練り込む材料のバランスを調整。—

焼成前のチョコバナナパン

「チョコバナナという響きは良いが、やり方によっては安っぽくなってしまう」と開発時に小嶋は悩んだ。たっぷりと具材が入ってリッチ感を出しながら、でも安っぽい甘さにならないよう、ちょうど良いバランスとなるよう調整を重ねた。
食感をプラスするために「クルミ」を、バナナの香りをもっと出すためにドライバナナ以外にも「バナナピューレ」をプラスした。
細かな調整の末、職人の手から人気商品が生まれた。

—彼の作るパンは本当においしいです。チョコバナナに続く新たなヒット商品も、その手で近く生み出されるはずです!

新たなヒット商品を考える小嶋

「本当にパンが好き。」という真っすぐな想いと「美味しいパンを作り続けたい。」という向上心を持つパン職人「小嶋秀一」。
Pan&のパンを作る、作り手の想い。一人でも多くの人に伝わってほしいと思います。

『#1 はじまりは一本の電話』はこちら

『#2パン職人をまとめるキャプテン』はこちら

【写真】小野奈那子

スタイルベーカリーのパン

  


\こだわり厳選素材!/Pan&バラエティはコチラ

Pan&バラエティ

この記事を「いいね」と思った方は、シェアお願いします。

大橋
Posted in パンのこと, 読み物Comments Closed 

関連記事