「パンのある正しい食生活」とは

「パンのある正しい食生活」

それはナチュラルなパンを中心にバランス良く他の食材を組み合わせ、無理なく適量を食べて、カラダとココロを調和させるライフスタイルです。

今日、穀物を食べることの重要性は再認識されています。一日に必要なエネルギーの約半分を良質な穀物から摂取することが脂肪やたんぱく質の過剰摂取を防ぎ、ひいては生活習慣病の予防に有効であることが分かってきました。

理想的なカラダづくりは、サプリメントや特定の食品に偏ることなく、シンプルな食生活から実現できます。ナチュラルなパンを中心とした食習慣を取り入れることで、体調管理や体質改善効果の他、肥満防止や体重減少など様々な効果が期待されます。

キレイなカラダをつくる基本は、「パンのある正しい食生活」にありました。

IMG_0813_加工小サイズ

※パンとスープの監修には、実践女子大学 准教授 佐藤幸子氏(食物栄養学博士)にご協力いただきました。栄養バランスに優れた和食の基本、一汁三菜の食事をコンセプトに、現代の食事情に合わせてパンとスープにおきかえました。