Mar 17, 2017

STYLE BREAD with実践女子大

みなさま、こんにちは。

先日訪れたホームセンターの切り花コーナーでは、スイートピー、ストック、フリージアと春の花が美しさを競っていました。冬の間はシクラメンなどの鉢物が元気なので、久しぶりに、黄色いフリージアを中心に黄色・緑・さし色として青いお花を花瓶に飾りました。

さて今回は、一昨年から進めている、日野にある実践女子大学生活科学部との産学連携のスープ開発についてご報告です。

おいしさや健康を追求する、佐藤 幸子先生の研究室と、マーケティングを専門とする松岡康浩先生の研究室で、ふたつの案件が同時に動いています。

佐藤 幸子先生は、初期のリセットスープ開発から監修をいただいている長いお付き合いです。いつもいつもお邪魔すると驚くほどおいしいお茶を淹れてくださいます。それは日本茶だったり、麦茶だったり、コーヒーだったりするのですが、恐らくその日の気候やわたしたちの様子から、一番よいお茶の選定から、一番よい温度、一番よい濃さ、一番よい量で抽出くださっているからこそといつも感じます。そのような商品だけでない心のご提供をぜひスタイルブレッドのお客様にも感じていただきたい、と、おもてなしといいますか、サービスの心を学ばせていただいています。

中央が佐藤先生と松岡先生、それからかわいくて真面目な学生のみなさんです。今年みなさん無事に卒業されたということでおめでとうございます!

こちらは立派な卒業論文をいただきました。リセットスープのコンセプトを各チームごとに分解して、悩み、考えてくれた努力と時間がこの本にしっかり詰まっています。

学生さんレシピのオクラと枝豆、アクセントにカルダモンを爽やかに効かせた夏向きのスープ。

もうひとつは、夏野菜とお味噌・シナモンを組み合わせた斬新なレシピです。

松岡研究室でも大詰めに近い昨夏の終わりごろから、意欲的に「デザートスープ」をコンセプトに、たくさんの試作を重ねてくれました。こちらも女子学生さんらしく、かぼちゃやさつまいもを使ったかわいい仕上がりでした。

※現在販売はしておりません※

 

打ち合わせ後は佐藤先生の研究室に移動して、おひるごはんをごちそうになりました!こちらも素敵な助手さんたちが用意してくれました。(すっかりおいしくいただいた後の記念撮影になってしまいました・・・つい、食べるほうが忙しかったです)

この日は丁度春休みで学食もお休みとのこと、お休みのない先生と助手さんたちはこの時期研究も兼ねてランチを作られているそうです。お野菜のたくさん入ったおだしのきいたスープでごはんを温めたリゾットにとろーり温泉卵が乗っています。添えられた粉チーズがアクセントになって、あっという間にいただいてしまいました。いちごのデザートと、佐藤マジックのコーヒーですっかりくつろいでしまいました。みんな佐藤先生のムスメになってしまう瞬間です。(社長の田中は、佐藤先生にお会いしたときに、”シスターのような方だ” と表現していました。本当にそう思います)

 

スープ開発自体は実際商品化できるか、改良が必要かなど、まだまだ時間が掛かります。このような取り組みが机上ではなく、リアルの「食」を感じていただく機会のひとつとなり、そんな学生さんがひとりでも多く世の中に出て、真剣に食を考える社会人に、奥さんに、お母さんに、なっていってくれたらと願うばかりです。

今年もまたふたつの研究室と新しい計画が始まりました。わたしたちも刺激をいただくとても楽しい取り組みです。またこのブログで内容はご紹介していきたいと思います!

 

●おまけ●

名残惜しく学校を離れ、急いで群馬に戻る帰路、みんな大好きなあのパン屋さんへ!どんなに急いでいてもこちらに立ち寄らずには帰れません!このお店もお食事パンを中心に揃えられていますが、幅広い年代のお客様に愛されていていつもわくわくするエッセンスをいただいています。

 

スタイルブレッドオンラインショップ

リセットスープ

人気の▷パンセット

TOP


 

STYLE BREAD

instagram

Facebook

「いいね!」をお待ちしております(^^)/

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA