Jan 13, 2017

パンのある正しい食卓 meets 大寒

パンのある正しい食卓 vol.2

1月20日は大寒。1年でもっとも寒さが厳しい季節です。

さらにお正月の食べ過ぎなどで、胃のもたれや内臓の不調、体重増加が気になる時期。

そこで今回は、年末年始に溜め込んだ余分なものを排出するため、
デトックス効果のある「ごぼう」を使ったポタージュと、
胃腸の調子を整え、風邪を予防する効果のある、「蓮根」を使ったハンバーガーをご紹介します。

ハンバーガーは、スタイルブレッドの小ぶりなパンなら胃もたれもせず、子どもも喜ぶこと間違いなし!

寒い季節を、食をとおして楽しく乗り切りましょう。

『ごぼうのポタージュ』

【材料】 (約4人分)

・ごぼう 1本(200g)
・玉ねぎ 1個(100g)

・じゃがいも 2個(200g)

・水  500cc

・牛乳 200cc

・バター 10g

・コンソメキューブ 1/2個

・塩 少々

 

【用意するもの】

・ミキサー (ブレンダーでも可)

・お鍋

 

①   玉ねぎは粗みじん、じゃがいもは親指大くらいに切り、ごぼうはたわしで泥を落とし洗ったら薄切りにする。
*ごぼうの皮には抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれているので、水にさらさず栄養をそのままいただきましょう♪

②   お鍋にバターを入れ、玉ねぎを透明になるまで炒め、ごぼうも追加して軽く炒める。水(500cc)を入れ沸騰したら、じゃがいもを追加し、15分ほど弱火でことこと煮る。

③   粗熱をとったら、ミキサーの中に鍋の汁ごとすべて入れ、コンソメキューブ(1/2個)も一緒に入れてかくはんする。

④   牛乳を少しずつ加え、最後に塩を加えて完成。
飾りにスプラウトやフライドオニオンを添えて召し上がれ♡
【冷凍保存する場合は…】

④   の牛乳を入れる前の段階で密閉袋などに取り分けておくと、食べたいときに温めた牛乳を加えて混ぜれば、いつでも美味しくいただけます。

 

 

 

『蓮根ハンバーガー』

 

【材料】(4個分)

▲蓮根バーグ

・蓮根 100g

・鶏ひき肉(胸肉)100g

・長ねぎ 2~3cm

・生姜 ひとかけ

・卵 小さじ2

・しょうゆ 小さじ1

・小麦粉 大さじ1

 

▲甘辛たれ

・砂糖 大さじ1

・酒  大さじ1

・みりん 大さじ1/2

・しょうゆ 大さじ1

 

▲バンズ

ライスファイン 4個

・ベビーリーフ

・クレソン

・マヨネーズ 大さじ1

・レモン汁 小さじ1/2

 

用意するもの

・フライパン

・ピーラー

・おろし金

・ボール

・ビニール袋 2枚(手が汚れる&時短のため)

 

①   蓮根はピーラーで皮をむき、1cmくらいの厚さで輪切りにしておく。
長ねぎはみじん切りにし、生姜はおろし金ですりおろし、卵は溶いておく。

甘辛たれは材料をすべて混ぜ合わせておく。

②   鶏ひき肉はボールに入れ、常温にしておく。

③   ビニール袋を裏返して手にはめ、鶏ひき肉を軽くこねる。生姜のすりおろし、長ねぎ、しょうゆ(小1)を入れて、混ぜる。

④   ③に、溶いた卵(小2)を入れふんわりと混ぜる。これでタネは完成。

⑤    ビニール袋に小麦粉(大1)を入れ、そこに輪切りにした蓮根を入れて全体的に薄くまぶす。

*これがのり代わりになり、タネと蓮根が剥がれにくくなるのでしっかりとふる。

⑥ ⑤の蓮根に④でできたタネを乗せる。油を敷いてあたためたフライパンに、蓮根面が上になるようにタネ側から中火で焼く。

*このときに蓮根の穴にタネがはいるよう軽く押しつけておく。

⑦ ふたをし、両面に焼き色をつけたら、作っておいた甘辛たれを回しかけ、味をしみ込ませる。これで「蓮根バーグ」が完成。

*このまま食べてももちろんOK。大葉を挟んで焼いたり、卵の黄身をつけてつくね風に食べたりしてもおいしいですよ♪

⑧ ライスファインを横半分にカットし、トースターで強めに焼き色をつける。

⑨ 焼き色をつけている間に、マヨネーズとレモン汁を混ぜ合わせておく。

⑩ 焼きあがったライスファインに⑨のソースを塗り、ベビーリーフとクレソンを添えて、「蓮根バーグ」を乗せたら、ハンバーガーの完成!

 

【合わせたパン】

ライスファイン

強めに焼き色をつけることで、外はカリッとしながらも、中はもっちり。食べ応えはありながら、和のテイストに合うあっさりとした味わいです。

▷パンのある正しい食卓 vol.1はこちら

 

・スタイルブレッドオンラインショップ・

アウトレット

パンセット

TOP


レシピ提案者  髙橋 美紀(Miki  Takahashi)

茨城県在住、2児の母。

食べること、作ることが好きな、元カフェ店長。

季節や暦、月のめぐりにあわせたヨガを提案する、ヨガインストラクターの顔も併せ持つ。

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA